新着情報
What’s New

百村の百堂念仏舞

~地元の子供達が受け継ぐ、念仏舞~

10百村の百堂念仏舞01

毎年4月29日に那須塩原市百村地区(旧黒磯市)の鎮守である愛宕(あたご)神社の祭礼が行われます。その際に奉納されるのが、国の選択無形民俗文化財の「百村の百堂念仏舞」です。那須塩原市百村地区(旧黒磯市)が何回かの火災に遭い、記録等の消失でこの念仏踊りの起源ははっきりしませんが、五穀豊穣、家内安全を祈るものとして江戸時代末期には行われていました。かつては村内の多くのお堂の前などで演じられていたため、百堂念仏舞の名がついたといわれています。

念仏舞の奉納は、光徳寺から出発し、笛の音に合わせて纏(まとい)を先頭に念仏(梅若)を唱えながら街道を歩き、東福寺門前、集落境の丁字路、愛宕神社の三か所で舞を奉納します。踊りは念仏と笛の音を伴奏に色彩豊かな衣装をまとった警護・形振(なりふり)・鐘(しょう)木(もく)切(き)り・太鼓打ちで上演されます。

1913年(大正2)の上演後は中断していましたが、関係者の努力により1959年(昭和34)から翌年にかけ復活し、現在は地元の小中学生が受け継ぎ、素朴な舞を演じています。

 

○日   時  2016年4月29日(金・祝)13:00~[予定] <毎年同日開催>

○場   所  光徳寺~東福寺~百村本田~愛宕山神社(那須塩原市百村)

○交通ガイド  電 車:JR東北新幹線・宇都宮線那須塩原駅から車で約30分

車 :東北自動車道黒磯板室ICから板室温泉方面へ約15分

○駐 車 場  事前に光徳寺へ申し込みが必要

○問い合わせ  那須塩原市生涯学習課 TEL 0287-37-5419

 

木の俣地蔵(子宝祈願)祭礼

那須連山の山間にたたずむいで湯の郷「板室温泉」。

この地に古くから伝わる板室温泉3大祈願所(パワースポット)の1つ

「木の俣地蔵」の祭礼が4月24日(日)午前10時から開催されます。

戦前は霊験あらたかな子宝祈願の地蔵尊として多くの参詣人を集めました。

IMG_0295

沼ツ原湿原へ向かう市道開通情報